問題解決事例|機械製造工場事例

事例13:竹の子継手は挿入しずらく、バンド締めは流体漏れが起こりやすい

問題点

機械のホース接続は竹の子継手にバンド締めをしているが、金具への
ホース挿入がしづらく作業が大変。さらに増し締めはほとんどしない
ので、ホースが劣化してくると流体漏れが発生してくるなど問題が
あり、対策を求められていた。

事例13:竹の子継手は挿入しずらく、バンド締めは流体漏れが起こりやすい
安心!ホースの配管の解決事例

トヨコネクタに変更した。変更後、ホース挿入が容易で作業時間が短縮できた。また、流体漏れやホース抜けが発生しなくなり、メンテナンスコストも低減することができた。

参考情報

事例14:冷却パネルの接続配管が多く時間がかかり、メンテナンスもしにくい

問題点

各種の工業炉の製造メーカーで、セラミック炉の全体を覆う冷却パネル同士の接続配管でホースと金具を組み込まなければならない。
ところが、接続箇所が多いので、あまり取り付け時間をかけたくない。また、メンテナンスもしにくいため、抜けや漏れのトラブルは起こしたくないなど、選定に困っていた。

事例14:冷却パネルの接続配管が多く時間がかかり、メンテナンスもしにくい
安心!ホースの配管の解決事例

取り付けが短時間ででき、漏れ・抜けに強いトヨコネクタを試用で確認後、本採用した。ホースの挿入が容易で、配管に要する作業時間を大幅に短縮できた。また、作業ムラによる漏れ・抜けも解消された。ホースと継手が同一メーカーであることがこんなに良い事だとは思っていなかった。

参考情報

事例15:ホースを曲げると扁平して潰れてしまい、流量が減ってしまう

問題点

機械の組み込みに38φの塩ビのブレードホースを使用しているが、ある程度曲げると潰れて流量が減ってしまうため不満があった。
そこでサクションを試してみたところ、折れはしないものの硬すぎて
組み込みにくくホースにも負担がかかるなど、なかなか良いホースがない。

事例15:ホースを曲げると扁平して潰れてしまい、流量が減ってしまう
安心!ホースの配管の解決事例

折れ、つぶれに強いトヨリングを試しに実際の機械に組み込み試験したところ、好結果が得られたため採用した。
ホースが柔軟で組み込み作業効率が良くなった。また、ホースの扁平による流量ダウンも大幅に改善でき生産効率も良くなったと喜んでいる。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.