現場改善事例

医薬・化粧品・化学工場

バキューム用途でホースが変形、非塩ビホースは硬くて使えない

樹脂板製造の工場で、原料のバキューム用途でサクションホースを使用しているが、連続吸引で半年ほど使っていると、ホースが折れて金具付近で変形してきて原料が流れにくくなるなどトラブルが発生。
非塩ビのサクションホースを試してみたものの、原料によってホースの交換や移動をさせることがあるため、非塩ビホースでは硬くて作業がやりにくく使えなかった。

ホースの内部で、流している塗料が硬化して詰まってしまう

塗料工場の製造ラインで、タンクから充填ラインの接続に他社の25φのホースを使用して塗料を流している。製造ロット毎にホース内部をシンナーで洗浄しているが、ホース内部に塗料が付着して硬化し、ホース内径が次第に9φ位にまで細くなり、動脈硬化のように詰まってしまう。しかも、ホースが不透明のため、中の状態が確認できない。

もっと見る >

半導体・精密機器工場

RoHS2対応で工場内のホース配管も見直しになったが、ホースや継手が対応しているかわからない!

2019年7月からのRoHS2規制に対応するために工場内のホース配管も見直しの対象になったが、ホースや継手はどうやって調べればいいかわからず困っていた。

研摩剤が凝固してホース内に付着し、ラインが止まってしまう!

シリコンウェーハを製造している工場で、ウェーハ研摩装置の研磨剤のシリカ搬送用に塩ビホースを使用。ところが、使っていくうちにシリカが凝固してきてホース内に付着し、ラインが止まるなどのトラブルが発生した。現場では凝固したシリカをハンマーで叩いたりしていた。

もっと見る >

工場設備配管

ホースが引っかかって作業性が悪いが、こういうものと諦めていた

エア用設備の配管に他社のウレタンホースを使用しているが、工場内で引き伸ばして使っていると引っ掛かって使いづらく、作業性が悪いので困っていた。しかし、現場ではホースはこういうものだと諦め、仕方なく使っている状態だった。

スプリングホースの硬鋼線の分別廃棄が面倒で時間が取られる

自動販売機を製造している工場の設備配管で、吸引用エアホースにスプリングタイプのホースを使用していた。ところが、最近は廃棄処理が厳しくなったこともあり、ホースは樹脂部と硬鋼線を分別処理して廃棄することになったが、とても手間がかかり、作業時間もとられてしまう。

もっと見る >

樹脂成形工場

色替え時に、静電気でペレットがホースに付着しロスが出る!

カーブミラーを製造している工場で、ペレット搬送で塩ビダクトを使用。色替え時に静電気によってホース内にペレットが付着し、ロスが発生するために、会社からロス削減の対策をとるように迫られた。

静電気の発生で、原料が付着するなど作業効率が悪い・・・

家電メーカーの製品加工や100円商品などを製造しているが、原料タンクからホッパーまでの原料搬送用のホースがすぐに静電気を発生。そのため、皆恐る恐る製品・機械を触っており、原料もホース内側に付着して詰まるなど効率が悪かった。

もっと見る >

機械製造工場

スプリングホースはカットがしづらく、潰れると元にもどらない

電気機器などを製造している工場で、機械の組み込みに以前から金属製スプリング入りホースを使い続けているが、現場ではカットがしづらく、潰れたら潰れたままになっているなど、不満をずっと感じていた。
しかし、ホースはこれが当たり前と思って、今まで改善しようともしてこなかった。

ナット式継手がホースの挿入性やねじれなどの問題で作業性が悪い

設備機械の製造工場で、純水を通すホース配管に、当初竹の子継手をバンド締めで使用していたが、液漏れトラブルが多いので他社製ナット式継手に切り替えた。ところが、液漏れはなくなったものの、作業現場からはホースへの挿入性や、接続時のホースのねじれに不満が相次ぎ困っていた。

もっと見る >

食品・飲料工場

竹の子継手のコンタミリスクを納入先より指摘され、対策が必要に

ドレッシングなどを製造している工場で、製品の充填用に、塩ビ製の食品用スプリングホースをフェルール竹の子継手をホースバンド締めで使用。
しかし、ホースと継手の段差で生じるコンタミのリスクを納入先のお客様より指摘され、対策が必要に。

絶対漏れてはいけないのでホースバンド以外に紐で何重にも縛り、監視員も配置し大変!

清酒製造で加熱殺菌をしている現場でフッ素ホースとフェルール継手をチェーンバンドで締めて使用。
絶対漏れては困るため、紐を何重にも巻いて縛って使用しているが作業が大変。また縛るだけでは不安なので監視員をつけている。

もっと見る >