問題解決事例|医薬・化粧品・化学工場事例

事例16:可動部分があり安定的な液体搬送ができない。

問題点

新設する医療用滅菌装置に、メチルアルコールをタンクから吸引し装置へ送り出す工程でホースを使用するが、上下に30cm程可動するため、アルコールに対して耐性があり、可動に対して負荷がかからず安定搬送ができるバキューム用ホースが必要となって探している。

事例1:可動部分があり安定的な液体搬送ができない。
安心!ホースの配管の解決事例

折れ、つぶれに強くメチルアルコールにも耐えるトヨシリコーンSホースのサンプルで約2カ月ほど試作機で試験した結果、可動部での使用に耐えうることと、品質の安全性も確認できたことで問題解消!

参考情報

事例17:薬品による劣化でトラブル発生、頻繁に交換している。

問題点

特殊紙を多く製造しているが、薬品流出のトラブルが発生したため、工場の配管を全面的に見直すことになった。 工場では薬品を流す所が多く、流体は脂肪酸やその他いろいろと混ざっているため、今まで使用していた塩ビのブレードホースでは劣化が激しく、頻繁に交換していた。

安心!ホースの配管の解決事例

サンプルで薬品を通し比較試験していただいたところ、塩ビホースは3~4日で硬化が始まったが、非塩ビのエコロンホースは2週間経っても変化がなく耐久性がよいとの結果をいただき問題解消!

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.