問題解決事例|機械製造工場事例

事例16:スプリングホースはカットがしづらく、潰れると元にもどらない

問題点

電気機器などを製造している工場で、機械の組み込みに以前から
スプリングホースを使い続けているが、現場ではカットがしづらく、潰れたら潰れたままになっているなど、不満をずっと感じていた。
しかし、ホースはこれが当たり前と思って、今まで改善しようともして
こなかった。

事例16:スプリングホースはカットがしづらく、潰れると元にもどらない
安心!ホースの配管の解決事例

トヨリングをサンプルにて実際にカットしたり、潰してみたりした結果、スプリングホースに比較して大きなメリットがあると判断し採用した。カットが容易で作業性が良く、潰れても元に近い状態まで復元するので、メンテナンス減に繋がった。

参考情報

事例17:ナット式継手がホースの挿入性やねじれなどの問題で作業性が悪い

問題点

設備機械の製造工場で、純水を通すホース配管に、当初竹の子継手を
バンド締めで使用していたが、液漏れトラブルが多いので他社製ナット
式継手に切り替えた。ところが、液漏れはなくなったものの、作業現場
からはホースへの挿入性や、接続時のホースのねじれに不満が相次ぎ
困っていた。

事例17:ナット式継手がホースの挿入性やねじれなどの問題で作業性が悪い
安心!ホースの配管の解決事例

トヨコネクタをサンプルで実際に試したところ、作業性が良かったので採用した。ホースの挿入が容易なのと、継手のナットを締め込む際、ホースがねじれずスムーズに作業できるので配管に要する時間を

大幅に短縮できた。

参考情報

事例18:ホース抜け対策で加締め指定となったが、現場合わせできない

問題点

切削油搬送用に、通常はスプリングホースに竹の子ニップルとワイヤー
バンドを使用 していたが、自動車部品メーカーから受注した専用機の
図面では、ホース抜け対策から バンド使用が禁止で、加締め指定と
なっていた。しかし、 加締めの場合、現場での長さ合わせの調整が
できなく なるため、組み立て担当者は困っていた。

事例18:ホース抜け対策で加締め指定となったが、現場合わせできない
安心!ホースの配管の解決事例

漏れ・抜け防止継手トヨコネクタとホースカットが容易なトヨリングに変更した。現場で必要に応じたホース長さで、漏れ・抜け対策を講じた確実な配管が短時間でできるようになった。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.