問題解決事例|機械製造工場事例

事例7:継手部分からの油漏れが頻発し、対応が大変。

問題点

ある専用機にスプリングホースを竹の子ニップルにバンド締めで配管していたが、継手部分から油漏れが頻繁に発生し、その都度設計担当者が現場に出向いてメンテナンス対応しなければならず、非常に人的な作業ロスとなっていた。

事例7:継手部分からの油漏れが頻発し、対応が大変。
安心!ホースの配管の解決事例

トヨコネクタを提案したところ、設計担当者の油漏れ対策の評価がよく採用に。メンテナンス訪問減になって好評。

参考情報

事例8:バンドの締め付け不良や経年劣化から、液漏れが起こり対策に苦慮

問題点

工作機械を納入したユーザーからバンドの締め付け不良や経年劣化からくる液漏れを指摘されることがたびたびあるが、対策しようにもなかなか良いものや方法が見つからない。また、現場でも竹の子とホースバンドを使った機械への組み込み作業はしづらく困っていた。

事例8:バンドの締め付け不良や経年劣化から、液漏れが起こり対策に苦慮
安心!ホースの配管の解決事例

漏れ・抜け防止継手トヨコネクタに変更。機械へのホース配管が容易になり、時間短縮が

できた。また、漏れ・抜けのクレームもなくなり、メンテナンスフォローに要するコストも削減できた。ユーザー様からも外観がすっきりし、信頼性が高まったと高評価をいただいている。

参考情報

事例9:スプリングのカットに手間がかかり、ケガをすることもある

問題点

機械の組み込み部品として、スプリングホースを使用しているが、
① 切るのにカッターとニッパの2度手間がかかる。
② スプリングに手を引っ掛けてケガをする。
③ ホースを取りはずす際、ニップルにくっついた時はホースを
 縦割りにして剥がすが、その時もスプリングが邪魔になる。

事例9:スプリングのカットに手間がかかり、ケガをすることもある
安心!ホースの配管の解決事例

樹脂コイル補強のトヨリングに変更した。カットが容易で作業時間を短縮することができた。
また、補強材に手を引っ掛けてケガをする危険性も低減でき、ホース交換時に継手を取り外す際の作業性も向上した。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.