問題解決事例|食品・飲料工場事例

事例25:熱湯洗浄で90℃のお湯を流すので、漏れの発生や交換頻度も早い

問題点

カップラーメンのスープ製造ラインで、食品用の塩ビホースを
使用している。ところが、洗浄時に熱湯消毒で約90℃のお湯を
流すので、塩ビホースでは長く持たなくて交換頻度が早い。
また、竹の子の継手を使用しているため漏れの問題も発生した。

熱湯洗浄で90℃のお湯を流すので、漏れの発生や交換頻度も早い
安心!ホースの配管の解決事例

耐熱性に優れ、また、漏れ・抜けを防止する目的でトヨシリコーン加締品を採用した。

約90℃のお湯を通しても、ホースの柔軟性にほとんど変化が見られず、交換サイクルが長くなり

メンテナンス減に役立った。漏れ・抜けも発生しなくなり安全性も向上した。

参考情報

事例26:ホースの変色がひどく、さらに熱湯での洗浄時にパンクした

問題点

大型店舗用のビールサーバーに他社のシリコーンブレードホースを
使用。ところが、変色がひどいためイメージが悪くなってしまう。
さらに、熱湯での洗浄時にパンクが発生し作業面と安全面から
大きな問題になった。

事例26:ホースの変色がひどく、さらに熱湯での洗浄時にパンクした
安心!ホースの配管の解決事例

試しにトヨシリコーンを使用してみたところ、変色しにくく、ホース洗浄時のパンクのトラブルも起きなくなった。今では、指定品として全面的に採用し安全・安定操業に役立てている。

参考情報

事例27:充填包装機のバンド締めシリコンホースが糸抜け破裂を起こした

問題点

食品機械の充填包装機の製造メーカーでは、機械の組み込み用で他社の
シリコーンホースをバンド締めで使用していた。ところが、
機械の納入先でホースが糸抜け破裂を起こし、現場でトラブルとなった
ため対策が求められた。

事例26:ホースの変色がひどく、さらに熱湯での洗浄時にパンクした
安心!ホースの配管の解決事例

糸抜け破裂しにくいということでトヨシリコーンを耐圧試験比較画像を交えながら説明を

受けた。改善効果が見込めると判断し、トヨシリコーンを実際に機械に取り付け、社内で

耐久試験を行ったところ好結果が得られたため採用した。

トラブル発生時のメンテナンスフォーローの削減やお客様に対しての信頼性向上につながると

期待している。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.