問題解決事例|食品・飲料工場事例

事例22:サニタリー配管とホースの洗浄作業に手間や時間がかかる

問題点

味噌の小袋充填工場で、味噌の搬送用にサニタリー配管とサクション
ホースを使用。サニタリー配管は接続箇所が多く、分解・洗浄・
組み立てに時間がかかり、ホースも継手部の液溜まりの洗浄のため、
毎回バンド、ニップルを外して洗い、また組み立てる作業の繰り返しで
時間がかかり作業も大変。

サニタリー配管とホースの洗浄作業に手間や時間がかかる
安心!ホースの配管の解決事例

液溜まりしにくいニップル形状のトヨシリコーンS加締品に交換したら、洗浄と継手組み直しに要する時間が大幅に短縮でき生産性が向上しました。

参考情報

事例23:鶏肉油でホースが硬化し、洗浄作業に手間がかかり交換頻度も多い

問題点

鶏肉の加工品や鶏肉から出る油、廃液の搬送などに塩ビブレード
ホースを使用していたが、粘度の高い鶏肉油の付着でホースの硬化が
早かった。そのため、洗浄作業に手間がかかり、ホースの交換頻度も
多いうえに、ホースが食品専用でないなどの問題があった。

鶏肉油でホースが硬化し、洗浄作業に手間がかかり交換頻度も多い
安心!ホースの配管の解決事例

油脂食品に使え、食品衛生法20号や267号に適応していることからトヨフーズホース

切り替えた。

優れた耐油性能で柔らかさが持続して洗浄作業がしやすく、ホースも長持ちするようになった。

参考情報

事例24:高温洗浄時に金具付近でホースが糸抜け破裂し、作業が止まる

問題点

ビールの業務用サーバーへの充填用ホースとして、シリコーンブレード
ホースを使用していたが、高温洗浄時に金具付近でホースが破裂する
ことがたびたびある。その都度交換しなければならず、作業が中断
するなどトラブルが発生し問題となっていた。

事例24:高温洗浄時に金具付近でホースが糸抜け破裂し、作業が止まる
安心!ホースの配管の解決事例

特殊編み込み構造で糸抜け破裂しにくいトヨシリコーンに変更した。

変更後、ホース破裂も無く安全に作業できるようになった。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.