問題解決事例|食品・飲料工場事例

事例19:90℃のお湯で洗浄後、ホースの中に溜まった水から臭いが出る

問題点

スプリングホースにガムシロップを通した後、90℃のお湯で
洗浄していたが、洗浄後、ホースの中に溜まった水から臭いが
出るため、 問題となっていた。実は、工場ではスプリング
ホースの耐熱が、 60℃までとは知らずに使用していた。

90℃のお湯で洗浄後、ホースの中に溜まった水から臭いが出る
安心!ホースの配管の解決事例

無臭でかつ150℃までの耐熱性に優れていることが評価されトヨシリコーンが即採用になった。

実際臭いの問題も耐熱不安の問題も解消された。

参考情報

事例20:ステンレスフレキは内面の凹凸と、中が見えないので衛生面が不安

問題点

製品の清涼飲料を搬送するのに、ステンレス製のフレキホースを使用。
ホースは使用毎に内部を水蒸気で洗浄しているが、
内面に凹凸がある上に、中が見えないため菌の増殖がないか心配で、
衛生面に不安がある。

ステンレスフレキは内面の凹凸と、中が見えないので衛生面が不安
安心!ホースの配管の解決事例

トヨシリコーン金具セット品に変更した。

流体経路がフラットで継手接合部も液溜まりしにくく、透明で中の状況が確認できるので衛生面で安心できるようになった。

参考情報

事例21:食肉油でゴムホースの黒色が床や服に付着し、なかなか取れない

問題点

工場内の洗浄用にゴムホースを使用し、スチームと井戸水を
混合させたお湯( 60〜80℃ )を流しているが、重くて取り回しが
悪い上、ホースの黒色が床や服に付着してなかなか取れない。

食肉油でゴムホースの黒色が床や服に付着し、なかなか取れない
安心!ホースの配管の解決事例

トヨシリコーンに変更したところ、重量が軽く、作業が楽になった。

また、ホースの黒色の付着の問題も無くなり、環境衛生面での向上につながった。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.