問題解決事例|食品・飲料工場事例

事例10:80℃の高温でのバキューム使用で漏れ発生。

問題点

カレールーの少量ロット生産の際、バキュームでホースを使用しているが、ルーの搬送中に金具から液漏れ事故が発生。今使っているホースは60℃までしか使えないのに、その箇所は80℃の高温になっていたので代替品を検討することに。さらに、工場は塩ビ全廃を掲げており、非塩ビホースという条件があった。

事例10:80℃の高温でのバキューム使用で漏れ発生。
安心!ホースの配管の解決事例

高温でバキューム可能、非塩ビというニーズを満たすということでトヨシリコーンSホースをモニターしていただいた結果、安全に使うことができるということで問題解消!

参考情報

事例11:アイスの充填機のホースが硬くなり、前後に動く際に折れる

問題点

アイスクリームの充填機に塩ビブレードホースを使用。充填機は
アイスの注入口がホースと共に前後に動く仕組みになっているが、
マイナス6℃で使用しているためホースが硬くなって、
すぐに折れて使えなくなる。

事例11:アイスの充填機のホースが硬くなり、前後に動く際に折れる
安心!ホースの配管の解決事例

耐寒性に優れたトヨシリコーンに切り替えた。変更後、硬化によるトラブルが一切無くなり、

安定操業につながった。また、ホースの試用温度範囲が150℃までなので90℃の温水による

殺菌洗浄ができるようになり衛生面の安全性も向上した。

参考情報

事例12:業務用大釜で洗浄作業をするのに、ブレードホースでは折れる

問題点

米飯や麺類、惣菜などをつくっている工場で、大きな業務用釜を
使って米を洗ったり、釜を洗浄する際に、水を入れるのに工業用
のブレードホースを使用しているが、ホースが折れたり
ねじれたりするため、水がスムーズに流れず困っていた。

事例12:業務用大釜で洗浄作業をするのに、ブレードホースでは折れる
安心!ホースの配管の解決事例

食品衛生法に適合しているトヨフーズSに変更した。

折れに強く扁平しにくいので給水もスムーズになり、衛生面での安全性と作業性が向上した。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.