問題解決事例|食品・飲料工場事例

事例1:洗浄で毎日200箇所のホースの付け外しをするのが大変!

問題点

ドレッシングの輸送用にトヨシリコーンホースを採用し、当初30cm前後に切ってバンド締めで配管していた。ところが、現場では100~200箇所も使用するところがあり、しかも洗浄で毎日ホースの付け外しをするため以下の問題があった。

(1)作業時間がかかる
(2)バンドエッジでホースを傷め、交換しなければならない

事例1:洗浄で毎日200箇所のホースの付け外しをするのが大変!
安心!ホースの配管の解決事例

液だまりしにくく、分解洗浄不要のトヨシリコーンホース継手加締品に切り替えることで洗浄・付け外しの作業効率が大幅アップし問題解消!

参考情報

事例2:洗浄用アルコールでホース硬化、ひび割れ発生し漏れる!

問題点

高濃度の洗浄用アルコールを流す用途でホースを使用。ところが、塩ビ製のため、ホース硬化によるひび割れが発生し、中の流体がモレるなどの問題が発生した。

事例2:洗浄用アルコールでホース硬化、ひび割れ発生し漏れる!
安心!ホースの配管の解決事例

耐薬品性に優れ長寿命トヨフッソホースを採用。塩ビホースより耐久性があり、フッ素チューブより柔軟性が良く扱いやすいとのことで問題解消!

参考情報

事例3:食品衛生法改正で対策品に切替えたいが、油脂問題も・・・

問題点

チョコレートの製造ラインで、塩ビのブレードホースの38φを使用。ところが、厚生労働省食品衛生法267号の法規制により、工場では早急に対策を迫られることに。食品ホースの選定にあたり、他社品を含めていくつか候補に挙がったが、流体がチョコレートのため油脂の問題が浮上した。

事例3:食品衛生法改正で対策品に切替えたいが、油脂問題も・・・
安心!ホースの配管の解決事例

候補に挙がった中では、油脂対応しているのはトヨフーズホースのみであり、安全な食品ホースということで問題解消!

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.