問題解決事例|工場設備配管事例

事例22:スプリングホースの焼却後に残る、鋼線の処理に手間がかかる

問題点

印刷機の潤滑油などを通すのに、スプリングホースを使用している工場で、自社の焼却施設を持っており、廃棄ホースも自社で焼却処理していた。ところが、スプリングホースは焼却後に鋼線部分が残るので、取り出して再度不燃物として処理しているため大変面倒であった。

事例22:スプリングホースの焼却後に残る、鋼線の処理に手間がかかる
安心!ホースの配管の解決事例

補強材コイルもすべてオール樹脂のトヨリングホースに変更。
鋼線の不燃物処理の手間がなくなって、一度に焼却できるようになった。

参考情報

事例23:温度の高いコーティング剤を循環させるホースを探している

問題点

印刷機器の製造メーカーで、出版物のコーティング剤を循環させる
ホースを探している。流体温度がMAX80℃とかなり高く、ユーザーの
印刷メーカーからUV液の成分が公表されていないこともあり、ホース
の選定に困っていた。

事例23:温度の高いコーティング剤を循環させるホースを探している
安心!ホースの配管の解決事例

実際のコーティング剤による浸漬試験で問題が無いことを確認し、トヨシリコーンを採用した。
ホースの使用温度が150℃までなので余裕をもって対応しているし、柔軟でホースの取り回しが容易なので作業性も良いと好評である。

参考情報

事例24:冷却回路にホース配管をしたいが、自社で取り付けができないか

アルミダイキャストの真空冷却回路に冷却水を流す用途で、スプリング
ホースの配管を検討している。金具選定と取り付けを工事業者に依頼し
ようと思っていたが、自社で対応できればコストダウンになるのだが、
安全に問題なくできるものか不安で踏ん切りがつかなかった。

事例24:冷却回路にホース配管をしたいが、自社で取り付けができないか
安心!ホースの配管の解決事例

ナット締め切りタイプで誰でも確実に均一品質の取り付けできる点が大きな選定ポイントと

なり、トヨリングトヨコネクタを採用し社内で施工までできたので大きなコストダウンにつながった。実際施工もスムーズで、何の問題も起きていない。

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.