問題解決事例|工場設備配管事例

事例4:経年変化によるホース継手部分からの水漏れが心配・・・

問題点

自動車用樹脂バンパーの塗装ブース内は、乾燥により静電気が発生して塗装前のバンパーにホコリが付着するため、加湿用に水槽を設けている。その水槽の水の循環用途でホース配管しているが、水槽の設置箇所が2階にあるため、今のニップルにバンドでは年数が経つにつれて経年劣化での漏れが心配される。

事例4:経年変化によるホース継手部分からの水漏れが心配・・・
安心!ホースの配管の解決事例

漏れにくく、メンテナンス不足によるトラブルも未然に防げるトヨコネクタで問題解消!

参考情報

事例5:ホースの交換時、バンドが完全にサビてしまっていて動かない。

問題点

工場の設備に、スプリングホースを竹の子とホースバンドで締めて配管していた。ところが、ホース交換が約5年に1回の頻度のため、その頃にはバンドが完全にサビて動かない。また、スプリングホースは竹の子の挿入がしづらく、潰れたらそのままになっている。

事例5:ホースの交換時、バンドが完全にサビてしまっていて動かない。
安心!ホースの配管の解決事例

トヨコネクタの挿入のしやすさ、作業性のよさとトヨリングホースが折れ、つぶれに強くつぶれに対する復元性で問題解消!

参考情報

事例6:金属を旋削する際に出た削りカスがホースに当たり、穴が開く!

問題点

金属を旋削する際に出てくる高熱の削りカスが、機械に組み込んであるエアホースに当たり、穴が開くことがしばしばあった。対策としてシリコーンチューブを被せて穴開け防止をしていたが、非常に面倒で手間がかかる。

事例6:金属を旋削する際に出た削りカスがホースに当たり、穴が開く!
安心!ホースの配管の解決事例

耐火花に強く長寿命のトップランホースでパンク防止対策の手間を解消!

参考情報

このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.