現場改善事例

食品・飲料工場

アレルゲン対策のためにホースの識別をしたい!

カレー味商品の搬送用に耐熱食品用トヨシリコーンホースとフェルール継手をホースバンド締めで使用。
加工商品内に同品目でもアレルゲン・ノンアレルゲンの区別がある商品があり、ホースの使い分けを実施している。ただ、どのホースがノンアレルゲン用なのか等区別がわかりにくい。また、毎回洗浄しているが、ホースへの流体の色が着きやすく、分解洗浄しているので洗浄時間も多く掛かっている。

液だまり防止構造で分解洗浄が不要の継手に切り替え。この継手は色分けリングで識別もでき、流体別にホースが区別しやすくなった。また、ホースは着色しにくいフッ素ホースに変更したことも合わせ洗浄の時短につながった。ホース内への着色もなくなるのでホース交換頻度も減る見込み。