現場改善事例

機械製造工場

ホースの挿入がしづらく、熱湯で柔らかくしてから挿入・・・

精密機械を製造している工場で、製品の組み込みや納入時の配管にスプリングホースを使用。竹の子ニップルにホースバンド締めしているが、ホースの組み込みの際、挿入しにくく、いつも熱湯につけてから挿入していて手間がかかり、納入時には熱湯も用意できず作業担当から苦情が出ている。

RoHS2対応で工場内のホース配管も見直しになったが、ホースや継手が対応しているかわからない!

2019年7月からのRoHS2規制に対応するために工場内のホース配管も見直しの対象になったが、ホースや継手はどうやって調べればいいかわからず困っていた。

継手部分からの油漏れが頻発し、対応が大変。

ある専用機にスプリングホースを竹の子ニップルにホースバンド締めで配管していたが、継手部分から油漏れが頻繁に発生し、その都度設計担当者が現場に出向いてメンテナンス対応しなければならず、非常に人的な作業ロスとなっていた。

スプリング入りホースのカットに手間がかかり、ケガをすることもある

機械の組み込み部品として、スプリング入りホースを使用しているが、
(1)切るのにカッターとニッパの2度手間がかかる。
(2)スプリングに手を引っ掛けてケガをする。
(3)ホースを取りはずす際、ニップルにくっついた時はホースを縦割りにして剥がすが、その時もスプリングが邪魔になる。

継狭い箇所の組み込みのため、スプリングホースでは作業しにくい

生ゴミリサイクル機の中に、エアのバキューム用途としてホースを使用するため、採用の条件に合うものを検討していた。屈曲のある部分の使用ということもあり、折れにくいホースを採用したいが、小型機械のため組み込み部が狭く、作業がしづらいという問題もあった。

溶接の火花でホースにすぐ穴が開いてしまい、エア漏れが発生

農業機械の溶接ラインでウレタン製のエアホースを使用していたが、火花ですぐに穴が開いてしまい、エア漏れが発生してしまう。
さらに、それがエネルギーロスであると社内のISO14000の委員会に指摘され、対策を迫られた。

冷却パネルの接続配管が多く時間がかかり、メンテナンスもしにくい

各種の工業炉の製造メーカーで、セラミック炉の全体を覆う冷却パネル同士の接続配管でホースと金具を組み込まなければならない。
ところが、接続箇所が多いので、あまり取り付け時間をかけたくない。また、メンテナンスもしにくいため、抜けや漏れのトラブルは起こしたくないなど、選定に困っていた。

ホースを曲げると扁平して潰れてしまい、流量が減ってしまう

機械の組み込みに38φの塩ビのブレードホースを使用しているが、ある程度曲げると潰れて流量が減ってしまうため不満があった。
そこでサクションを試してみたところ、折れはしないものの硬すぎて組み込みにくくホースにも負担がかかるなど、なかなか良いホースがない。

スプリングホースはカットがしづらく、潰れると元にもどらない

電気機器などを製造している工場で、機械の組み込みに以前から金属製スプリング入りホースを使い続けているが、現場ではカットがしづらく、潰れたら潰れたままになっているなど、不満をずっと感じていた。
しかし、ホースはこれが当たり前と思って、今まで改善しようともしてこなかった。

ナット式継手がホースの挿入性やねじれなどの問題で作業性が悪い

設備機械の製造工場で、純水を通すホース配管に、当初竹の子継手をバンド締めで使用していたが、液漏れトラブルが多いので他社製ナット式継手に切り替えた。ところが、液漏れはなくなったものの、作業現場からはホースへの挿入性や、接続時のホースのねじれに不満が相次ぎ困っていた。