現場改善事例

工場設備配管

冷却回路にホース配管をしたいが、自社で取り付けができないか?

アルミダイキャストの真空冷却回路に冷却水を流す用途で、スプリングホースの配管を検討している。継手選定と取り付けを工事業者に依頼しようと思っていたが、自社で対応できればコストダウンになるのだが、安全に問題なくできるものか不安もある。

搬送用途で毎回アーム式継手(カムロック)のアームを縛るのは面倒!

原料搬送工程でアーム式継手カムロックを使用。アームが外れたり、流体が漏れたりする不安があるのでアームを締めたあとは毎回ヒモなどでアームが開かないように縛っている。
頻繁にこの作業を行うこともあり、毎回縛るのは面倒。また見た目もよくない。

油でホースが硬化し漏れが発生!一時生産ストップに!

金属加工機のクーラント油を流すのに塩ビ製の一般的なブレードホースを竹の子継手でホースバンド締めで使用していたが、3~4か月ほどでホースが硬化しクラックが入り液漏れが発生した。作業は止まり、床の清掃等も含め生産にも影響が出た。安定生産、生産性向上のために対策が必要に。

溶剤搬送中の漏れが心配!

溶剤搬送に塩ビ製ホースを竹の子継手でホースバンド締めで使用。
溶剤搬送用途のため、流体漏れを未然に防ぐ対策が必要に。作業員が常に監視できる場所でなくホースと継手が溶剤に耐性がどのくらいあるのか不安。

ホースが引っかかって作業性が悪いが、こういうものと諦めていた

エア用設備の配管に他社のウレタンホースを使用しているが、工場内で引き伸ばして使っていると引っ掛かって使いづらく、作業性が悪いので困っていた。しかし、現場ではホースはこういうものだと諦め、仕方なく使っている状態だった。

スプリングホースの硬鋼線の分別廃棄が面倒で時間が取られる

自動販売機を製造している工場の設備配管で、吸引用エアホースにスプリングタイプのホースを使用していた。ところが、最近は廃棄処理が厳しくなったこともあり、ホースは樹脂部と硬鋼線を分別処理して廃棄することになったが、とても手間がかかり、作業時間もとられてしまう。

グラインダーの火花でホースにすぐ穴が開いてしまい、作業が中断する

工事用車輌のメンテナンスで、エア工具用にゴムホースを使用していたが、重いのでウレタンホースに切り替えた。ところが、近くでグラインダーで作業しているので火花ですぐホースに穴が開き、エア漏れが発生して作業が中断してしまうため効率が悪い。

メチルアルコールを塗布しているとホースが硬化しカチカチになる

鋳造品を焼き付ける際、表面にメチルアルコールを塗布する作業があり、その塗布用として塩ビのブレードホースを使用。ところが、塗布しているとすぐホースが硬化してカチカチになってしまい、作業性がとても悪い。

天井の配管からエア漏れ。ホースバンドの増し締めがしづらい・・・

工場では社内でレイアウト変更できるように、天井までは金属配管、そこからホースで切削加工機械へ作動エアを送っている。そのため、天井付近の増し締めなどのメンテナンスを定期的にするのは不可能で、あちこちでエア漏れを起こしており、さらにホースが抜けて落ちたこともあった。

エアツールの手元部分が破裂し、ホースが暴れて大変危険だった

輸送用機器の部品をメンテナンスしている工場で、エアホースの手元部分が突然破裂しホースが暴れる事故があった。破裂の原因は、屈曲を繰り返す手元部分の疲労と継手とのマッチングが原因だったが、作業員の社内災害防止のため対策をしなければならなくなった。