現場改善事例

工場設備配管

ホース加締品は安全だが、廃棄の問題とコスト面も問題に

建材製造工場内のクーラント液移送用配管に、漏れ・抜けを考慮してホース加締品を使用していた。ホース交換時、継手も再使用できず無駄になる上に加締品の予備在庫が必要でコスト負担が問題になっていた。

冷却回路にホース配管をしたいが、自社で取り付けができないか?

アルミダイキャストの真空冷却回路に冷却水を流す用途で、スプリングホースの配管を検討している。継手選定と取り付けを工事業者に依頼しようと思っていたが、自社で対応できればコストダウンになるのだが、安全に問題なくできるものか不安もある。

搬送用途で毎回アーム式継手(カムロック)のアームを縛るのは面倒!

原料搬送工程でアーム式継手カムロックを使用。アームが外れたり、流体が漏れたりする不安があるのでアームを締めたあとは毎回ヒモなどでアームが開かないように縛っている。
頻繁にこの作業を行うこともあり、毎回縛るのは面倒。また見た目もよくない。

油でホースが硬化し漏れが発生!一時生産ストップに!

金属加工機のクーラント油を流すのに塩ビ製の一般的なブレードホースを竹の子継手でホースバンド締めで使用していたが、3~4か月ほどでホースが硬化しクラックが入り液漏れが発生した。作業は止まり、床の清掃等も含め生産にも影響が出た。安定生産、生産性向上のために対策が必要に。

溶剤搬送中の漏れが心配!

溶剤搬送に塩ビ製ホースを竹の子継手でホースバンド締めで使用。
溶剤搬送用途のため、流体漏れを未然に防ぐ対策が必要に。作業員が常に監視できる場所でなくホースと継手が溶剤に耐性がどのくらいあるのか不安。

竹の子の挿入性の悪さに加え、経年劣化による流体漏れが発生する

自動車部品製造メーカーで、機械油を通す用途でスプリングホースを竹の子バンド締めで配管している。以前から挿入性の悪いことが指摘されていたが、加えて経年劣化で金具箇所から流体漏れが発生。そこで流体漏れを防ぐとのことで、他社のナット式継手を使ってみたものの、作業性の悪さから現場の評価がよくなかった。

薬品によるホース硬化で劣化が早く、交換のメンテナンスが大変

水処理機械など製造している工場で、水処理用の薬品を注入するのに塩ビブレードホースを使用していたが、薬品によるホース硬化が起こるため劣化が早く、ホース交換などのメンテナンスが大変なので、何か良いものがあれば置き換えたいと考えていた。

ホースの加締め品は、切れたりすると現場でメンテナンスがしづらい

工場設備の配管工事などをメインにしている事業者が、ユーザーの工場でコンプレッサーからのエア用途でトヨスプリングホースを加締めて使っていた。ところが、ホースが切れたりすると現場で加締めることもできず困っており、何かよい方法がないかと探していた。

原料がくっついて止まり、火花が飛ぶほど静電気が発生して危ない

樹脂成型ラインに、原料のペレット搬送用途でサクションホースを使用。しかし、製造現場ではホースに原料がくっついて止まり、近付くと火花が出るほど静電気を帯びるので困っていた。

ホースが引っかかって作業性が悪いが、こういうものと諦めていた

エア用設備の配管に他社のウレタンホースを使用しているが、工場内で引き伸ばして使っていると引っ掛かって使いづらく、作業性が悪いので困っていた。しかし、現場ではホースはこういうものだと諦め、仕方なく使っている状態だった。